この記事はPRを含みます

【着工57日目】上棟② 屋根がかかりました

建築現場レポート

「さいきょうのいえづくり!!」に訪問してくださりありがとうございます!

このブログは20代後半の共働き夫婦が、住友林業で平屋を建てるまでの記録を発信しています。

ふーりん
ふーりん

住友林業を検討中の方も、そうでない方も何かお役に立つ情報発信ができれば嬉しいです!

X(旧Twitter)でも情報発信していますので、良ければフォローお願いします。関西で1位をとった営業さん紹介も随時受け付けています!

昨日に柱が立ち、梁がかかって上棟2日目を迎えました!

ふーりん
ふーりん

いよいよ、屋根工事が始まります!

本日も6名の職人さんが現場で作業をしてくださるとのことでした。

上棟したらその日のうちに雨仕舞までしてしまうイメージだったのですが、2日に渡っていることから人数も少なめなのでしょうか…?

ふーりん夫
ふーりん夫

平屋だし、上に積み上げない分なおさら…?

上棟2日目の予定は?

本日の詳しい工事内容は以下の通りです。

上棟2日目
  • 屋根下地工事
  • 破風下地取付

それぞれ、屋根の下地・軒先の下地を組み立てる工事だそうです。

ふーりん
ふーりん

屋根材を施工する前の段階まで、ってことかな

いざ上棟の現場へ!

どんどん家らしくなってきた

昨日とは異なり、午前中(なんなら作業開始から1時間後)には到着したのですが…。

屋根の流れに沿って梁が渡されている
ふーりん夫
ふーりん夫

屋根にほとんど梁が渡されているぞ!?

ものすごいスピードで屋根掛けがすすんでいました。

前回の上棟の記事で、組み上げた梁に構造金物が付いている写真を載せましたが、その金物に合わせて材料をはめ込んでいっているようです。

見ているうちにどんどん梁が渡され、屋根の骨組みが完成し、家の形らしくなってきました。

地縄でちょっと狭いかも…?と感じ、

完成した基礎を見ては家具が入るのか心配になるほどさらに狭く感じるなど、

ほとんどの施主が通る心配ごとを、もれなくふーりん夫婦も経験したのですが

ふーりん
ふーりん

聞いていたとおり、屋根がかかると十分大きく見えました!

営業さんの「大丈夫です!」という言葉を信じていましたが、やはりちょっと心配にはなりますよね…。

話は少し逸れますが、私たちはリビングに勾配天井を採用しました。

基礎(平面的)では狭く見えても、柱が立ち屋根がかかる(立体的・空間的)と広く見えたことから、勾配天井で最大限に広く見せる効果が期待できるのでは?とあらためて思いました。

屋根下地工事まで完了して…

その後も工事は着々と進み、ルーフィング材まで施工されて

ルーフィングと透湿防風シート

きづれパネルの内側にくる透湿防風シートも外壁位置に貼られました。

玄関から家の中が見える

玄関から家の中が見えたため、しっかり覗き込んで

ふーりん夫
ふーりん夫

あそこがリビングだから…広さはそんな感じね…

と、間取りから広さを想像していました。

遠目からだったので、構造立ち会いで家の中に入るのが楽しみです!

差し入れしたもの

これまでほどほどに差し入れしてきましたが、今回は上棟ということもありビールとおつまみを差し入れしました。

施主さんや建築会社によってはお弁当やご祝儀を用意したりがあるようですが、私たちはささやかなお礼としました。

これからの工事予定は?

今後の工事は、以下のスケジュールで行われるようです。

  • 10週目
    外部工事

    1階床 下地貼(パネル)

    サッシ取付

    屋根工事

ふーりん
ふーりん

どんどん工事が進んでいく…!

見逃したくない工事がたくさんなのに、工事が早すぎて見逃すしかないのがなんと悲しいことか…。

これからも積極的に現場に行きたいと思います…!

ここまでお読みくださりありがとうございました!

このブログはにほんブログ村の「住まいカテゴリ」に参加してランキング上位を目指しています!

記事が面白いと思ったら、応援ボタンを押していただけると励みになります!
ふーりんを応援する

また、ふーりん夫婦も参考にさせていただいている住友林業施主のブログはこちらから。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました